定年後からシステムエンジニアとしての働き

仕事に強い魅力を感じて、意欲的にキャリアを高めてきたシステムエンジニアは、定年間近になると責任ある職についていることが多いです。これまでに培われてきた実力は、定年後にも引き続いて求められています。そのため、システムエンジニアとしての仕事に魅力を感じるのであれば、まだまだ働くことはできます。たとえ高齢であっても、優れた人材を起用したいと考える企業は多いです。名の知れたエンジニアであれば、すでにスカウトの動きもあります。さらに、自ら能力をアピールすることで、新しい職場が見つけられる可能性があります。

たとえ高齢の技術者であっても新しい技術について学ぶ能力はあり、さらにこれまでのキャリアで積み重ねてきた仕事の経験との相乗効果で、より高度な仕事をこなすことができます。
特に、システムデザインなどの上流にあたる仕事の分野では、システムデザインの経験の差が大きくものをいいます。年齢に関係なく優れた人材を必要とするシステム開発会社は、こうした定年間近のベテランの人材の真価を認めています。

定年を迎えてからの第二の人生からが、エンジニアとしての本当の真価が問われる勝負どころであると捉えることもできます。これまでに仕事に打ち込むことに魅力を感じてきた人は、簡単にはこれまでのスタイルを捨てることはできません。定年を迎えてなおエンジニアとして可能な限り仕事を続けることは、本人や業界にとって有意義です。

もしくは、早い段階で転職をするのも良いでしょう。
今の企業に不満がある、人間関係が合わない、収入に不満がある等の意見がある場合は早めの方向転換が必要です。速いうちに転職することで、自分の可能性を広げることになりますし、やる気も出てくると思います。新しい企業でいろいろなことを学び、自身のスキルアップにも繋がり、将来も長く仕事ができるのではないでしょうか。
そんなエンジニアの転職をサポートするのが【エンジニアのための転職講座】です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です