会社勤めとフリーランスとで異なる心構え

エンジニアがその能力を発揮して社会で活躍していく道として、会社に就職して仕事をしていくという方法と、フリーランスをしていくという方法とがあります。この2つの道には大きな違いがあるため、持つべき心構えも異なるということに留意することが重要です。

いずれの場合においても企業が考える仕事を担っていくという点では共通です。しかし、会社に勤める場合にはそれに対してチームで取り組み、フリーランスでは個人で取り組むというところが大きな違いとなるのです。例えば、システム開発を行うためには解決したい問題を理解し、その情報技術による解決策を考え、それを実現するシステムを考案し、そのシステムの仕様を整え、実際にその開発を行うといういくつものプロセスを経ることになるでしょう。会社においてはこの過程に数人のエンジニアが携わることによって効率的に仕事を進めるよう配慮されるのです。しかし、フリーランスの場合にはこの全体を依頼されたらあらゆる部分を独力で担わなければならなくなるのです。

したがって、自分が最も専門としていて卓越している部分で力を発揮することを目指すのか、幅広く全体を担えることを目指すのかによってどちらの道を選ぶのが良いかは異なってきます。その目指したいあり方がそのままそちらを選んだ場合に持つべき心構えに直結し、それによって自身の役割を正確に把握することができます。そして、その心構えがそれぞれの現場で活躍できることにつながるのです。

もちろん、どちらの場合でもメリット、デメリットは存在します。
企業へ勤め、安定した仕事や収入を選ぶのも良いですし、フリーランスとして自由を選択するのも良いでしょう。または、企業へ就職したけれど転職するという手も良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です